会長ごあいさつ
沿革
役員/歴代会長
会則
野田建築会は2016年5月28日、会員数6283名のうち127名の出席者(委任状含む)のもと、第10回定期総会を開催し、滞りなく終了しました。
第10回定期総会で新たに会長を拝命しました山崎晃弘と申します。
1998年(平成10年)に発足した野田建築会も18年を経て本年は第10期に入り、2018年には20周年を迎えることになります。会員数は約6300名となりました。
ひとえに卒業生の皆様にはご理解ならびにご支援を賜わり、厚く御礼申しあげます。併せて、今日まで培ってきた歴代の会長はじめ役員の方々に深く感謝いたします。
さて、野田建築会は、会報の発行(年2回)、OBと語る会(在校生との交流)、現場見学会(建築技術の向上)、設計NAA賞の授与(大学での審査を経て卒業式時)、メルマガの発信(在校生やOBの近況寄稿)など会員の交流を目的とした活動を行なってきました。
これらを踏襲するとともに、今後は親睦をさらに深めるため、研究室OB会や企業OB会から野田建築会役員会への参加をいただく所存です。
一方、2017年に迎える理工学部50周年記念事業には、野田建築50周年記念事業実行委員会に野田建築会は積極的に参画しています。
この大きな命題に向かって、理窓会(全学同窓会)や築理会(工学部建築科同窓会)との強い絆とともに、大学との密な連携を得て、2017年野田建築50周年記念事業を成功に導けるよう努めさせていただきます。
つきましては、なお一層のご指導ならびにご鞭撻をいただきますよう宜しくお願い申しあげます。
2016年5月吉日
東京理科大学 野田建築会
会長 山崎 晃弘
(S51年卒 上原研究室1期生)
ホームお知らせ総会について野田建築会とはFAQ会報誌一覧お問い合わせ
Copyright (C) 2013 東京理科大学 野田建築会 All Rights Reserved.